So-net無料ブログ作成

岩手競馬の魂を継ぐ馬 サイレントカイザー5連勝ならず [競馬全般]

サイレントカイザーと言う馬をご存知だろうか?
中央競馬ファンはまず知らないだろう。
岩手競馬ファンならまず知っているだろう。
 父:トーホウエンペラー
 母:ベルグチェリー
 生産者は静内酒井牧場
 主戦騎手は板垣吉則騎手

2006年の大晦日にデビューしたこの馬は
デビューから無傷の4連勝。
今日の水沢競馬3歳B1戦で
クビ差で始めて2着に敗れたが
3着との差は8馬身。
自分で逃げて、他を突き放しながらの
横綱相撲で負けたのだから
これも勝負のアヤか?

岩手が生んだ名馬 トーホウエンペラーから
その魂は息子のサイレントカイザーに継がれた。
エンペラーからカイザーへ
何と素晴らしいロマンだろう。

主戦の板垣騎手はもともと上山競馬の騎手
生産者の静内酒井牧場はベラミロードなど
生産馬が主に宇都宮競馬に所属していた。

能無しのお役所に潰された競馬場…
そこにあった魂は1つになり
今、苦境に立たされている岩手競馬の
救世主となり得るのか?
6/10(日)岩手ダービー ダイヤモンドカップには
この馬が出走していると願いたい。
そして秋にはダービーグランプリで中央所属馬を
ぶっちぎりで蹴散らして貰いたい。

と思いつつも岩手競馬は
ダービーグランプリなどやっている場合か?
中央馬に賞金をくれてやるだけの交流重賞なら
速やかに今年から地元重賞に切り替えるべきだが?

本日の新生ばんえい競馬 初重賞は
カネサブラックが優勝しました。
1番人気ナリタボブサップは2つ目の坂を捌き損ねて大敗。
◎タケタカラニシキは3着。
まだまだ勉強が足りませんな、自分。

本日の写真は
サイレントカイザー。
2007年03月25日
水沢競馬場にて撮影(デビュー3連勝時)

サイレントカイザーのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/54924


流浪の騎手 明日、園田再登場 Mr.PINK 内田利雄 [競馬全般]

本日の重賞は
第7回留守杯日高賞で
パラダイスフラワーが1番人気に応え優勝。

中央競馬ではメイショウサムソンが
天皇賞を制しました。
やはり秋は腰の調子が…だったのか?
まぁ非社台馬で1-2-3着は
馬券が外れてもとても嬉しいものです。

明日は新生ばんえい初重賞 ばんえい十勝ソフトバンク杯
ナリタボブサップが連勝するか?要注目ですが
個人的にはタケタカラニシキが逆転の可能性も
あると見ています。

それともう1つ注目すべきものがあります。

2005年03月の宇都宮競馬廃止後、
流浪の騎手として全国を渡り歩いている名手

Mr.PINKこと、内田利雄騎手
これまで
 2005年06月~08月 岩手
 2005年09月~12月 笠松
 2006年01月~03月 浦和
 2006年04月~06月 兵庫
 2006年06月~08月 岩手
 2006年09月~11月 佐賀
 2007年02月~     マカオ
で騎乗と正に旅ガラス。
次の活躍の場は明日からの園田競馬。

これほどのファン思いの名手に
安住の地が無いとは絶対間違っている。
何故、中央競馬でド下手糞な2世騎手が
ロクに勝てもしないのにいつまでも
騎乗馬があるのか?
高待遇な進上金・騎乗手当を得ているのか?
いい加減 身内優先・自分の保身に
勢力を注ぐ体質を変えないと
最高のプレーを期待しているファンは
離れていく一方だ。

努力している者、頑張っている者
ファンを大事にする者、そして結果を残している者
優遇されるべきはこちらで
世間一般には使えない者はリストラでOK。
どうせなら一緒に天下りで甘い蜜を吸うだけのお偉いさんも
切り捨てる時期だと思う。

中央・地方と別々の競馬学校など要らない。
1つの学校で育て、
最初は地方から横並び一線でスタート。
コネも何もない所から自力で這い上がれ。

将来の名騎手のたまご?の若い騎手目当ての
女性ファンが地方に来るようになる(のか?)
その弊害としてレースがグショグショになる危険もあるが。

本日の写真は
内田利雄騎手。
2007年01月03日
川崎競馬場にて撮影。

内田利雄(レッドジャスパー付き)のアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/54743


天皇賞 サムソン=テイオーの危険 他にも調教不安馬が [競馬全般]

明日は水沢競馬場で3歳牝馬重賞
留守杯日高賞が行われます。
前哨戦菜の花賞上位馬が1~4番枠に揃い
ガチンコ勝負が期待できます。
パラダイスフワラーが連勝するのか?
他の馬が巻き返すのか?
レース発走は16:10です。
中央競馬ファンの方
どれが勝ってもおかしくない天皇賞で
馬券が当たっても外れても
このレースで大きく勝負してみませんか?

さて、たまにはその天皇賞の話題でも…
去年までの「ディープ様勝ってください」な
八百レースなら買う気もないが
今年はガチンコ勝負になりそうな予感。
やはりドラマは出来レースより
ガチンコ真剣勝負にこそ感動できるものがある。

さて、今年のレースを考える上で
一番最初に考えるべき事は
あのお金大好き武豊がアイポッパーに乗らず
アドマイヤに(さらわ…×)連れていかれた事である。
この辺りにきな臭さを感じる。

昨年までの金子優遇について詫びをし
アドマイヤに寄りを戻すのであろうか?
でも、だからと言ってアイポッパーを捨てていくのは
武らしくない。
普通に考えれば、アイポッパーの方が
大好きなお金が稼げそうだ。

では何故アイポッパーを蹴るのか?
それはアイポッパーではお金にならない
と武がふんだのではないだろうか?
(アドマイヤに拉●されたとも言えるが…笑)

次にメイショウサムソン。
個人的には勝って欲しいところであるが
希望と予想は別問題。
調教後の石橋守騎手の
「折り合い」のコメントをもって結果が見えた。
折り合って下り坂から仕掛けて
SS系に勝てわけがない。
ここは掲示板程度で宝塚で勝負と言う所だろう。

以下、その他の各馬。
ユメノシルシ
 中館や後藤なら大逃げはあっても吉田豊では無理。
アドマイヤモナーク
 馬主は香港旅行でしょ?
アドマイヤタイトル
 同上。調教でスキップ踏んでるし。
トウカイエリート
 切れの無いSS産駒では?
ウイングランツ
 ウインRCの宣伝出走
マイソールサウンド
 頑張れ、記念単勝は買ってあげるぞ。
ダークメッセージ
 穴馬要素はあっても軸にはしにくい
ネヴァブション
 馬体は戻ったねぇ。以上
エリモエクスパイア
 まだ力が足りない
ファストタテヤマ
 調教は動いたが、歳だし、屋根がねぇ。

さて、残ったのは4頭

トウカイトリック
 エルコン産駒と言うのが気にいらないが
 調教の動きは良い。
 1着はどうか?と思うが掲示板にはコッソリと居そう。

トウショウナイト
 期待の雨は降りそうにないが
 本当に強くなった今、荒れた京都の馬場
 人気薄での思いきった仕掛け次第では。

マツリダゴッホ
 1枠1番 横山典騎手なら
 イングランディーレのような
 空追いでHペースに見せる手もあり。
 幸いにも横山典騎手の天敵武豊も不在
 思い切った作戦に出て
 4角まで経済コースを通ってくれば。

デルタブルース
 正直岩田騎手は後ろから行くとダメだ…
 去年の春の天皇賞、今年の阪神大賞典
 また後ろから行くのであれば軽視…と思っていたが
 調教後の岩田騎手のコメント
 「早めに動ければ好勝負。悔いのないレースを」
 ほう、本当早めに動けるのであれば好勝負だ。

この3頭から基本法則 社台→非社台の組合せは
デルタブルース→Tトリック、トウショウ、ゴッホ
の3点と言うところか(←投げやり)

本日の写真は
テイエムオペラオー。
2005年09月12日
日高軽種馬門別種馬場にて撮影。

テイエムオペラオーのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/36861


競馬史上初 1日全12レース 同一人物による協賛レース [競馬全般]

ばんえい十勝が開幕しました。
正午までに1297人の入場者。
なかなかの出だしです。
あとは入場者数に比例して
売上げが伸びてくれれば。。。
初日のメインレースはホシマツリが
人気に応え圧勝しました。

さて、本題。
最初に断っておくが、自分は決して
フサイチ信者でもなければ、好きでもない。
人として正しいと思ってもいない。

しかし、今の競馬界にこれほど
宣伝効果のある 昔で言う「旦那」的な人は他に居ない。

4/28は、ばんえい競馬1日全12レースで
全てフサイチが協賛レースを行う。

ディープインパクトで好き放題稼ぎ捲りながら
競馬界(馬産地を含む)への還元は
ほとんどが社台への還元のみで
全く競馬界の役に立っていない金子とは大違いだ。

今は競馬界の立て直しのために動いてくれる人は
神様も同然…としておこう。
馬車に乗って登場しようが、ふんぞり返ろうが
フェラーリ5台で乗りつけようが、金の出所が何であろうが
今は目を瞑ろう。

競馬界のためになる事をしている事だけは事実なのだから。

個人都合で現役外国馬導入を仕掛けた?馬主は
爪の垢でも煎じて飲め!

金子は地元神奈川(=川崎)でもいいから
地方競馬にも馬を預けろ!
損得度外視しても、痛くもかゆくもないだろ?

また違った所から物を見ようとすれば
ばんえい競馬が 「廃止」 を前提に話を進められながらも
地獄の底から蘇った。
ファンの声と、関係者の努力で蘇った。
その熱い心がソフトバンクを フサイチを動かしたのだ。

今の競馬界に必要なのは
個人の私腹を肥やす事に懸命な
馬主や生産者ではない。
熱い心をもった 真に競馬を愛する者だ。

新生ばんえいの大盛況を祈りましょう。

一方、笠松競馬
今日のオグリキャップ記念は
ウイニングウインドが優勝しました。
マイラーズCを使って、ここ目標。
仕事キッチリ さすが吉田稔騎手。
来年の中央2次試験は合格させろよJRA。
個人的にはクインオブクインが大きく出遅れ
真っ青でしたが、何とか2着に届いてホッ!
ミツアキタービンは1戦1戦が脚元との勝負。
まだおわっていないと思いたい。

本日の写真は
ウイニングウインド。
2006年05月03日
名古屋競馬場 かきつばた記念にて撮影。
山本茜騎手騎乗時。

山本茜騎手のアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/36575

ウォーターリーグ。
2007年03月01日
アロースタッド 放牧時間にて撮影。

ウォーターリーグのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/33991


明日はオグリキャップ記念 [競馬全般]

2005年から中央交流を辞めた
オグリキャップ記念が明日行われます。
当時は
「ファストフレンドは届かにゃい」
「ハカタビッグワンゥゥゥ!」
の名実況もありましたが
今回地元重賞でも好メンバーが揃いました。

 ウイニングウインド マイル争覇優勝馬
 クインオブクイン 笠松の女傑
 ゲットゥザサミット 地味でも1勝1勝ステップアップ
 セイウンヒノアラシ そろそろ水に慣れるか
 タカオライアン 福山まで渡り歩いた南関東馬
 トーコーカント スランプ脱出なるか
 ニシノフィクサー 遅れてきた大物
 ニッシングリン 笠松で生まれかわった大器
 ブルーローレンス 南関東重賞馬
 ミツアキタービン 笠松が誇るスーパースター

こう並べてみただけでもワクワクします。

地方競馬でドサ周りを繰り返す
ノボトゥルーの100倍以上の
魅力があります(笑)

またいつの日か
名馬・名手の里 ドリームスタジアム
笠松競馬から
第2のアンカツ、第2のオグリキャップが登場し
中央競馬を席捲する日が来る事を
心から願うばかりです。

もちろん明日からの
ばんえい十勝 帯広競馬も
注目満点です。

尚、本日の門別競馬フレッシュチャレンジ2歳は
マーベラスサンデー産駒のミサトマーブル
フィガロ産駒のモナスターボイス
がそれぞれ優勝しました。

本日の写真は
オグリキャップ。
2003年02月21日
にて撮影。

オグリキャップのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/37492

ウォーターリーグ。
2007年02月27日
アロースタッド 種牡馬展示会にて撮影。

ウォーターリーグのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/33991


新生ばんえい競馬場は 東京競馬場より上 [競馬全般]

いよいよあさってから新生ばんえい
 「ばんえい十勝」
がスタートします。

日本が世界に誇る
日本にしかない文化
それがばんえい競馬。

JRAが東京競馬場の改装に
湯水のように 無駄金を使っていたその裏で
主催者・関係者・ばんえいファン・お役所までが
一体となって、みんなの力で
「新生」のために模様替えを行いました。
http://www.tokachi.co.jp/banei/2007/4/entry_66.php

まるで山奥に必要もない道路を作る国会議員と
みんなが必要としている道を役所が作ってくれないから
個人費用で舗装している地元民
のようです。

あなたが人間として応援したのはどちらですか?

普通の平地競走だけを競馬と思っていると
ばんえい競馬は 競馬に見えないかも知れません。
でも、競走馬がゴールを目指して頑張る点では同じです。

価値観と言うものは人によって違います。
ある程度の年までいった時
人の価値観はある程度固定されます。
そして価値観を完全に固定してしまった時
その人の成長も終了します。

自分はまだまだ成長したいと思います。

金持ちエリートが勝ち続ける姿に飽きました。
 格差社会に問題有りと思っている人
 ドラフト裏金問題は間違いだと思っている人
 毎月生活費でやりくりに忙しい人
あなたが応援するとすればどちらですか?

目先の金を増やすだけなら
情報料の多い中央競馬が有利かと思います。
でもそれは競馬ファンなのではなくて
 「お金ファン」
と言う事です。
頑張って踏ん反りかえって私腹を肥やす国会議員
が居る「国」に国庫金を納付して下さい。
でも、そのお金は決してあなた達のためには
使われない事でしょう(笑)

本日の門別競馬フレッシュチャレンジ2歳戦は
ザカリヤ産駒のコルチャックが優勝でした。
2/28のコルチャック調教風景は
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/images/709150

南関東に新設された古馬牝馬重賞
しらさぎ賞はラムタラ産駒の
ベルモントノーヴァが直線で
クリムゾンルージュを2馬身突き放して優勝。

本日の写真は、今日の門別競馬メイン
平取義経特別を勝ったギルガメッシュの父
サクラローレル。
2007年03月01日
アロースタッドにて撮影。

サクラローレルのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/33977

パラダイスクリーク。
2007年03月01日
アロースタッドにて撮影。

パラダイスクリークのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/33995


特定の馬を応援するなら、最後まで!! [競馬全般]

個人が特定の馬を応援する
別に悪い事ではないし、勝手である。
途中で何らかの理由で嫌いになってしまう
そういう事があっても仕方がない。

但し、名付け親がその後無視するのは如何なものか?

昨年大々的にHPでも紹介し
千葉ロッテマリーンズ命名馬と称して
千葉マリンスタジアム(ブルペン入口)まで
馬運車を横づけし
デビュー前の2歳馬に対し
大観衆の歓声と言う大変恐ろしい体験をさせてまで
球団の営業に利用した。
まぁ、ここまでは
千葉の野球チームと船橋競馬の掛け橋となり
少しでも野球ファンが船橋競馬に目を向いてくれれば…
と思っていたが、
その後マリーンパワーは脚元不安から放牧。
そのまま所属を岩手競馬に変更し
4/21(土)に隣りの宮城県でロッテ戦がある日にデビューした。

で、球団の反応は全く無しかよ!

名付け親が仔を見離したのかよ!

利用するだけ利用してゴミのようにポイッ!かよ!

そんな事するなら最初からするな!

またインターネットをしていて
あちこちで特定の馬を応援するサイトがあるが
 ・引退したら更新が永遠に止まる
 ・産駒の成績が悪かったら更新が永遠に止まる

見ていて腹が立つ。
応援していたんじゃなかったのか?と。
(もちろん嫌いになったのなら仕方がないが)

せめてファンでなくなったのならば
応援を続けていないのならば
ホームページの残骸くらいちゃんと消しておけ!
いい加減に作ったページと言うゴミを片付けろ!

本日の写真は
メジロラモーヌ。
2005年09月06日
メジロ牧場洞爺にて撮影。

メジロラモーヌのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/54123


園田競馬場移転→尼崎国際競馬場 構想だと [競馬全般]

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000300261.shtml

民間企業16社などがメンバーとなり
2004年度から園田競馬場移転を軸に
検討を進めてきた結果、
園田、姫路両競馬場を尼崎臨海部に集約して
パワーアップさせ、
兵庫県などが進める
「尼崎21世紀の森構想」の中核施設として整備
両競馬場跡地は新たな方向性を与えて
「まちづくり」をするという提案を行った。
関空や神戸空港に近く、
三木ホースランドパークの検疫施設が
活用できれば国際競馬場整備も可能。
更に新競馬場を民間事業者が
整備・運営管理した場合の資金の
回収可能性も検討した結果、
総投資額を100億円と見積もり、
6年ぐらいで回収可能と試算した
との記事。

夢のような話ですが
 ・民間企業がメンバーとなり
  お役所が検討したものではない事。
 ・競馬場跡地の活用を含め
  資金回収が充分?に試算されている事。
 ・競馬場移転だけでなく
  さらなる「国際競馬場」としての
  付加価値まで考えている事。
などから、全く実現できない話ではないと思います。

大井競馬場がファンの事など考えていない
個人?の都合による
現役外国馬導入などと言う
幼稚で 浅はかで
それでいて日本競馬界を足元が
崩しかねない 大暴走をしたのとは大違いです。

2007年は大井競馬場で
JBCを行う事にしてしまったとの事ですが、
悪い事でも最初にやったもん勝ちで
制裁を言い出した方が悪者にされるんでは
まるで北朝鮮(大井競馬)と日本(JBBA)です。

2008年は園田競馬場で
何の腐れもなく、すがすがしい気持ちで
JBCが開催されます。

これまで各地の競馬場持ち回りのはずのJBCが
大井競馬場でばかり開催されてきましたが
尼崎競馬場を早く建設して頂き、隔年そこで開催とし
今後一切大井競馬場ではJBCは開催しない!
で良いのではないでしょうか?

そして尼崎競馬場が誕生した暁には
日本競馬界と充分協力していって頂きたい。

間違っても特定の有力馬主に制度改変を指示される
お馬鹿な競馬場にはなって欲しくないですね。

本日の写真は
ワイルドラッシュ。
2007年03月01日
アロースタッドにて撮影。

ワイルドラッシュのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/34005

バランスオブゲーム。
2007年03月01日
アロースタッドにて撮影。

バランスオブゲームのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/51561


名古屋競馬の山本茜騎手 ジャンクスポーツに出演 [競馬全般]

名古屋競馬所属の山本茜騎手が
ジャンクスポーツに出演。

思いっきり化粧しているので
競馬場で見る雰囲気とは
また違って見えます(笑)

2006年のJBCマイルで
内田博幸がハナを切ろうとする所へ
果敢に挑んでいった姿とその根性は
今の中央競馬で武豊が逃げたら
誰も絡んでいかない若手騎手達に
是非 爪の垢を煎じて飲め!
と言うような、見ていて感心するものでした。

たまにその気の強さは
所属厩舎の調教師とぶつかる原因に
なっているようですが
その1つ1つがまた山本茜騎手を
強くしていっているのではないでしょうか?

女性騎手と言えば、以前あの大井競馬であった
いさましい事件などもあり
なかなか競馬場側の各種設備の用意も
思うようにならない所もありますが
それに負けずもう1人の
女性騎手花形 宮下瞳騎手と
名古屋競馬を引っ張っていって欲しいものです。

そう言えば、ホッカイドウ競馬の
笹木美典騎手は入院中。
早く良る事を祈ります。
(騎乗の腕も磨いて欲しいが…)

本日の写真は
山本茜騎手。
2006年11月02日
川崎競馬場 JBCマイルにて撮影。

山本茜騎手のアルバムは(まだ3枚ですが)
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/albums/36575


明日からの浦和競馬 注目ポイント [競馬全般]

明日からの浦和競馬での注目ポイントです。

1:はくぼ開催
  開門時刻 11:30(当初予定より10分遅れ))
  最終R発走17:50

 まだ肌寒い時期かも知れませんが
 浦和競馬のジャンクフードは
 日本の競馬場でも1・2を争うものと
 思っています。
 夏にはきゅうりといきたいものです。

2:笠松の名手 濱口楠彦騎手 騎乗
 
 笠松のハマちゃんこと
 濱口楠彦騎手が期間限定騎乗
 (4/23~6/22)します。
 超小回り・直線110mで鍛えられた騎乗技術が
 逆回りの浦和でどのような結果を見せるのか?
 要注目です。

3:しらさぎ賞

 3歳戦から牝馬戦となり
 新しくなったしらさぎ賞。
 昨年の牝馬3冠馬チャームアスリープ
 牝馬2冠馬テンセイフジ
 未冠の大器クリムゾンルージュ
 を始め、上がり馬も多数出走。
 最近馬産地で牝馬が売れずに
 非常に困っている中でこういう重賞競走が増え
 牝馬の需要が元通りに戻ってくれれば
 とても良い事なのですが。

本日の写真は
今日産駒が中央の重賞初制覇した
ナリタトップロード。
2003年02月19日
社台SSにて撮影。

ナリタトップロードのアルバムは
http://pht.so-net.ne.jp/photo/horsephoto/images/436226


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。